ゆとりある生活ができる相模原

私は学生時代に相模原にアパートを借りて生活した経験があります。
相模原と聞くと東京都内あたりに住んでいる人からは「田舎」と言われますが、実際に生活してみると都内や横浜へのアクセスも悪くなく、また緑も残っているのでかなりおすすめの場所です。

さて私が相模原には麻布獣医大学や青山学院大学などの大学キャンパスもあり、学生向けの物件も豊富にありました。
またちょっとお洒落なものが欲しければ、わざわざ都内に出かけなくても近くの町田まで行けば良かったので便利でした。町田はちょっとした大都会で、ファッションビルが立ち並び、安くて美味しい食べ物屋もたくさんあるところです。
相模原での生活は都内に比べると物価も安かったので、学生だった私ににとってはありがたいことでした。

また私はアウトドア派だったので、休日には相模原公園や相模川にお弁当持参で友達と出かけてピクニックを楽しむということもしていました。
もうちょっと遠出をすれば津久井湖や相模湖もあり、デートや遊びにはとても便利なところだったと思います。

友達の話によれば最近では一部の大学がキャンパスを移転したので、相模原には学生向けの賃貸物件が多く残っていて、安い値段で良い物件が借りられるようになっているそうです。その友達も最近家賃が以前よりも1万円も安く、しかも広いというワンルームのアパートに引っ越したそうです。

このように都内で高い家賃をだして節約生活するよりも、相模原で良い不動産物件でゆとりがある生活を送る方が賢いかなと思います。