住むときのポイント

相模原で家を借りる場合、圧倒的に橋本駅が便利がよい。橋本駅は昔はそうではなかったが、最近は非常に栄えている。また、同等の街の規模である八王子にも近い。それらの理由で、橋本を選ぶべきだ。何らかの理由で橋本以外を探すなら、やはり電車の便利の良さは横浜線沿線がよく、相模線は不便である。このことは時刻表を検索すれば、明白なる事実である。横浜線の場合、橋本から、相模原、矢部、淵野辺、古淵、町田と続く。町田も橋本以上に栄えているから、これらの間の駅であればそれほど差がないと思って良い。
橋本駅の魅力は実はもう一つある。将来リニアモーターカーの駅ができるということである。リニアモーターカーは最高時速に到達するまでの時間があまりかからない。そのため、意外と途中駅のメリットが大きいと思われる。東京ー名古屋間が開通したとして、途中駅で一番メリットが大きいのは、橋本駅でないかと考えている。
橋本駅の周辺で家を選ぶ場合、意外と近場は車よりも自転車のほうが便利だったりする。一方通行が意外と多い。また、国道16号が混むことが多い。近場であると、自動車を使うデメリットがいくつかある。もちろん、家の立地との兼ね合いがあるから、そのあたりは実際に家を見に行ったときに、チェックするべきである。
相模原は政令指定都市である。なので都会かと思えば、かなり人口密度の低いところを含んでいる。実際に足を運んでみないと、この街が住みやすいのかそうでないのか、判断が難しい。